Tokyo Financial Information and Technology Summit JP

日本の金融市場は急速に変化しており、コスト削減やスピードアップを求める圧力、新技術の出現、また変化する規制要件などが変化を後押ししています。このため、ITやデータに関する実務の担当者にとって、フロントオフィス、ミドルオフィスおよびバックオフィスにおける自らの業務の最適化に寄与する最新のツールや技術革新について常に把握しておくことが非常に重要です。また、変化する国内外の規制環境に対応し続けることも不可欠な状況になっています。<br /> <br /> 今年で7回目を迎える東京金融情報&技術サミットは、自社の戦略を同業他社の戦略に照らして評価することに役立つほか、データやIT分野のソートリーダーが実践している実例の研究を通じて新たな見識を得たり成功例について学んだりするのにも役立ちます。<br /> <br /> 下記に関する実用的な見識をまとめて得ることができる、一日限りの本カンファレンスに是非ご参加ください。

Thumbnail

東京金融情報&技術サミット

2019年7月4日 | シャングリ・ラ ホテル 東京

 

登録

東京金融情報&技術サミットのウェブサイトにようこそ。このサミットは、金融機関のIT、データおよび営業担当エグゼクティブが一堂に会する、日本では唯一のイベントです。

東京金融情報&技術サミットのウェブサイトにようこそ。このサミットは、金融機関のIT、データおよび営業担当エグゼクティブが一堂に会する、日本では唯一のイベントです。

新技術の出現、変化する規制要件、グローバル経済の不透明感などにより、日本の金融市場は急速に変化しています。このため、ITやデータに関する実務の担当者にとっては、フロントオフィス、ミドルオフィスおよびバックオフィスにおける自らの業務の最適化に寄与する最新のツールや技術革新について常に把握し、変化する国内外の規制環境に対応し続けることが不可欠な状況となっています。

今年で8回目を迎える東京金融情報&技術サミットは、自社の戦略を同業他社の戦略に照らして評価することに役立つほか、データやIT分野のソートリーダーが実践している実例の研究を通じて新たな見識を得たり成功例について学んだりするのにも役立ちます。

下記に関する実用的な見識を一日で得られる本カンファレンスに是非ご参加ください。

  • 日本の金融機関はいかに効率良く技術革新戦略を練りその実施を後押しできるか?
  • 日本の金融機関が地域市場やグローバル市場において技術競争力を維持する方法の理解
  • 日本の大手金融機関は人工知能(AI)や新興技術にいくら投じているか?
  • 日本の金融機関におけるマネー・ロンダリング防止/テロ資金供与防止(AML/CTF)動向の理解
  • 機械学習(ML)は、非構造化データの最適化管理法か?
  • 英国のEU離脱(ブレグジット)は、日本の金融機関のITインフラやグローバル戦略にどのような影響を及ぼすか?
Thumbnail

350

デリゲート

25

スピーカー

4

ネットワーキングセッション